おくすりを使うひと・作るひと・届けるひとをつなぎます

みんなの声・みんくすのタネ

この投稿は、くすりを育てよう!の「第117 回:使用残数「0」の吸入のお薬を使い続けていた!」からです。

まっちゃんさん
50代 男性

タイトル:毎月30回分捨てろということ??

記事の内容からは、毎月60回分を処方し、毎月、30回分を捨てろというふうに見えますが、それが正しいのでしょうか??
毎月受診されるなら、二カ月に1回の処方で良い様な気がしますが、健康保険事業の疲弊を考えて、そのようにすべきではないでしょうか?
また、高齢で表示が見えないということであれば、有償で訪問薬剤師(かかりつけ薬剤師)が自宅まで行き、残薬管理できないものなのでしょうか?

投稿日時:2018.08.01

この投稿のタグ: くすりの使い方

ログインまたは会員登録が必要です

この投稿にコメントする

みんくすさん
0代 女性
吸入回数につきまして

ご質問をありがとうございます。 ご返答が遅くなり、大変申し訳ございません。 吸入回数につきまして、あらためて説明させていただきます。 この患者様は、1ヶ月に56回の吸入をするように指示されております。 そのため、「1個で28回分の吸入薬」を“2個”1ヶ月にご使用しておりました。 今回の件で、「1個で60回分の吸入薬」に切り替えた場合、そのままきっちり28日おきで受診されていますと、あまりは4回分(2日分)です。 捨てる回数をなくす場合は、来院日を28日おきでなく30日おきにする必要はでて参ります。 今回は、このような対処法をご紹介いたしましたが、 ご指摘いただいた通り、訪問薬剤師(かかりつけ薬剤師)が自宅まで行き、残薬管理するのが理想であると思います。 今後とも、みんくすへのご意見、ご質問をしていただけますと幸いです。

コメント日時:2018.08.15 18.01

お薬にまつわる体験談(「同じような経験をした」
「お薬を使っていてこんな 困ったことがあった」等)、
お薬に対するご意見・ご要望はありませんか?
どのようなことでも結構ですので、ぜひお気軽にお寄せください。

ログインまたは会員登録が必要です

あなたの声を投稿する